新検索サイトオープン!随時物件情報投稿中byNayoo不動産

直接オーナーの肌感覚がわかり交渉しやすい

直接オーナーの肌感覚がわかり交渉しやすい

 

これは前提条件として、仲介会社とオーナーが直接繋がっている事、また日本語が通じるスタッフを通して成約した事という前提条件がある。タイ人エージェントを通すと、まずは語学と文化の違いで、交渉後のオーナー様の反応の感触や、どのような返答があったか、教えてくれない、もしくは言ってくれてもそれが理解できない事がある。日本人エージェントを使うと、交渉後の感覚として、例えば日本との違いを例にして、話ができたり、またはタイ人オーナーがどんな人がおおいなど、過去の事例を使って説明してくれる。